Entries

英語クイズ rush? rash? lush? lash? 答え その2

このところの数週間という短い期間に次々と起きた凶悪犯罪は
 おおむね安心・安全な社会に慣れている国民に
 衝撃を与えています。
A rash of heinous crimes over the past few weeks
has sent shock waves among citizens,
who are used to largely safe and secure society.


日本語では「芸能界のおめでたラッシュ」などと言って
好ましい事柄が短期間に立て続けに起きること
を意味していますが
英語の場合は
rash の元の意味がなんせ
「湿疹 / 発疹 / 蕁麻疹 ( しっしん / ほっしん / じんましん ) 」ですので
あまり好ましくない事が立て続けに起きる時に使います。
(おそらく日本語の「・・・ラッシュ」は
 金鉱で一山当てようと
 大勢の人々が短期間に一ところに殺到する
 gold rush とゴッチャにしてしまったために
 生まれた一種の誤用なのでしょう。
 だから,いまだに結構多くの人が
 プラスのことが次々と起こる際に使う「・・・ラッシュ」
 を英訳するときに
 間違って rush を使ってしまうんでしょうね。)
もっとも,
The rush is on among someone to do......
「ある種の人々が こぞって何かを急いで行おうとしている」
を使えば,例えば
The rush is on among developers
to build high-rise condos in downtown Sendai.

「仙台市中心部では開発業者による
 高層マンションの建設ラッシュとなっています」

という意味にはなるでしょう。

そんなわけで
例えば golf だったら
Tiger Woods got off to a flying start
with a series of birdies in quick succession.

「タイガー・ウッズは
 バーディーラッシュで(またたく間に連続バーディーを奪い)
 素晴らしいスタートを切った」
といった表現を,

football (英) / soccer (米) だったら
Vegalta scored one goal after another
in a matter of just 10 minutes
/ in a short space of time.

「ベガルタはわずか10分ほどの間に / わずかの間に
 ゴールラッシュで得点を重ねた」
といった表現や
Prolific Manchester City trounce Liverpool 6-2.
「ゴールラッシュのマンチェスター・シティーがリバプールに圧勝」
(ちなみに,このようなメディアの見出しの場合
 過去の出来事であっても
 現在形で言い表します)
といった表現を,

開発に関連したものなら
A lot of large retail stores have sprung up in the suburbs,
whittling away a customer base of downtown establishments.
 とか
Large retail developments have mushroomed in the suburbs,
eating into a clientele of downtown establishments.

「大型小売店の郊外での開店ラッシュは
 中心部にある店舗の顧客層を取り崩している」
などといった表現を
臨機応変に使いこなせばいいわけです。

蛇足ながら
陸上競技で使う「フライング」
困った和製英語で
英語では a false start ですし
逆に英語で a flying start と言えば
先ほどの Tiger Woods の例文で取り上げたように
「 (ライバルを置き去りにするような) 素晴らしいスタート」
(言わば 昔 Giants の長島監督が言ってた「ロケットスタート」)
ということになります。

largely おおむね/大体のところ
greatly 大いに/非常に
の違いにも注意しましょう。

クイズ③,④の答えと解説は近日中に掲載予定です。

I'd appreciate it
if you could kindly click the small banner below.
Please be assured NO CHARGE will be incurred upon doing so.
ためになる と思われる方には
下の[英会話スクール] [拍手]をクリックして頂けるとありがたいです。
料金が掛かるなんてことは決してありませんので,ご安心ください。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/63-74db9851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR