Entries

英語でリラックマな気分 (7)

リラックマの絵本で見つけた言葉を今回も訳してみます。

用事や仕事に忙しく追われて
時間が十分に確保できない
なんてことがあることでしょう。
そのような状況で
I'm preseed for time.
「忙しくて時間に余裕がない」
という表現を使いますよね。
そんな喧騒 (hustling and bustling) を忘れて
すっきり気晴らしでもしたい (get away from it all)
時があることでしょう。
そこで,今回取り上げるリラックマな言葉は
時間を気にしない時間
A time to be unconcerned about the time.

「…する (しない) 時」という表現で思い出されるのは
Ecclesiastes 3章1節~8節に記された
There is a time for everything.
「何事にも定められた時がある」
で始まる有名な一節です。
a time to be born and a time to die に始まって
人生における様々な時 (瞬間) に言及しながら
a time to love and a time to hate,
a time for war and a time for peace.

で結んでいます。

"be unconcerned about the time" で用いた the time は
今何時かを示す時刻の事を言っています。
ご存知の方も多いでしょうが
Do you have the time?
と言えば時刻を尋ねていることになりますし
Do you have time?
と言えば「空いてる自由な時間がありますか?」
と尋ねていることになります。

今回は
A time to be unconcerned about the time.
「時刻を気にしない時間」
と,単刀直入に訳しましたが
原作の日本語には結構深いものがあるなぁ
と思ってまして
作者の方が意図したであろう行間に
もう少し大胆に踏み込むならば
色々な訳が可能になると思います。
たとえば
A precious time
to while away your time,
lost to the passage of time.

「時の流れを忘れて
 自分の時間をゆったり過ごす
 貴重な時間」

とする手もあるでしょう。
この場合の your time は
特定の「あなた/あなた方の時間」
という意味ではなく
自分や他人を全部ひっくるめた
それぞれの人にとっての自分の時間
という意味です。
native speaker は「人々一般」という意味で
よく you を使いますよね。
例:You can have too much of a good thing.
「過ぎたるは及ばざるがごとし」

"lost to the passage of time" は
be lost in thought
「(周りのことを忘れて) 物思いにふける」
とか be lost to the world
「(物思いにふけって) 周りのことを忘れてしまう」
とか言うのと同じで
「時の経過など忘れてしまっている」
という意味です。

I'd appreciate it
if you could kindly click the small banner below.
気に入ってくださった方には
下の[英会話スクール] [拍手]をクリックして頂けるとありがたいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/57-7deebd39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR