Entries

much の用法 3 (Crash Course) 訳例 その2

It's often said that
you can have too much of a good thing.
Take an energy-saving drive.
「過ぎたるは及ばざるがごとし」とはよく言われることです。
省エネ運動を(例にとって)考えてみましょう。
There's only so much you can do
to save energy until productivity suffers.

省エネにも限界があり,
その限界を超えると生産性が落ちてしまいます。


直訳すると
「生産性が打撃を受けてしまう(つまり生産性が落ちてしまう)
状態に達するまでは,ある一定量までの省エネを行うことができる」
となるのでしょうが,
native speaker が意図しているであろう意味を
咀嚼(そしゃく) して意訳すると,
最初に示した訳例のようになります。
native speaker は
このような until や before の使い方をしますので,
英文の意味を理解しようとする時や,和訳する時に注意が必要です。
たとえば次のような英文を考えてみましょう。
Van Persie threaded a pass to Kagawa
before the shot by the Japanese international
found (the back of) the net.

この英文を直訳すると
「日本代表に名を連ねる香川のシュートが
 ゴールネットを揺らす前に,
 ファン・ペルシーが香川に糸を引くような正確なパスを送った」
となってしまい,臨場感を欠いた
間の抜けた訳になってしまいます。
ですから こうした場合は
native speaker の頭に描かれている順番どおりに
「ファン・ペルシーが糸を引くような正確なパスを
 日本代表に名を連ねている香川に送り
 (それを受けて) 香川のシュートがゴールネットを揺らした」

と訳すべきでしょう。

ついでながら native speaker が時系列を表現する際,
ごくごく普通に使っている
follow
precede
という動詞の ing と p.p. (過去分詞) を使いこなせていない
日本人の方が多いように感じています。
たとえば以下のような英文を考えてみてください。
The United States went to war with Afghanistan
 before sending its troops to Iraq.

The United States went to war with Iraq,
 following the war in Afghanistan.

The United States went to war with Afghanistan,
 followed by the war in Iraq.

The United States went to war with Iraq,
 preceded by the war in Afghanistan.

The United States went to war with Afghanistan,
 preceding the war in Iraq.


これら五つの文はすべて
「アメリカがまず最初にアフガニスタンとの戦争に乗り出し,
 その後にイラクとの戦争を開始した」

という時系列を説明しています。

またThere was no smoking gun
indicating Saddam Hussein's coopearation
with the Taliban in Afghanistan
until the United States went to war with Iraq.

という英文は
「サダム・フセインがアフガニスタンのタリバンと協力していた
ことを示す決定的証拠が存在していない中で,
アメリカは
ついに/最終的にはイラクとの戦争に乗り出した」
とすると,時系列的にすっきりとした訳になります。
こうした until, before, follow, precede の使い方は,
時系列を表現する手立てとして憶えておかれると役に立つことでしょう。

"much の用法 3 (Crash Course) 訳例" その3,その4は近日中に掲載いたします。

ためになる と思われた方には
下の[英会話スクール] [拍手]をクリックして頂けると うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/48-fc9dc6f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR