Entries

英語でリラックマな気分 (6) 日本語版

リラックマの絵本で見つけた
リラックマならではの賢明な助言を
またまた訳してみました。

無理難題,ひとによっては無問題
A hot potato for some
can be a piece of cake for others.


以前の書き込みで述べたように
ダジャレを訳すのは不可能なことがあります。
今回はそうしたものの例です。
日本語の原本では
ご覧になれば明らかに分かるように
(というか,「聞いて明らかなように」と言うべきか)
「む」と「(な/も) んだい」という言葉が
俳句の五・七・五の形でダジャレのように繰り返され
小気味よいリズムをもたらしています。
同じように英語で出来ればいいんですが
その代わりに別のやり方に頼ることにしました。
それは,ある種の慣用的表現が醸(かも)し出す
心象風景を際立たせる手法です。
この場合は,食べ物に関係する比喩を用いました。
a pot potato は「扱うのが厄介な代物(しろもの)」
という意味ですし,
a piece of cake は
「行うのが簡単だと思える事柄」を意味します。
このようにして
原文が持つ語呂合わせたっぷりのリズムを
再現することは出来なくとも,
元々あった遊び心の側面を
少なくとも維持することが出来たのではないかと思っています。
代替案として
以下に挙げることわざ的言い回しが
ヒントになることがあるかもしれません。
One man's waste/trash is another man's treasure.
「役立たないものでも,人によっては重宝されるのです」 
(「馬鹿とはさみは使いよう」とか
 「捨てる神あれば,拾う神あり」に
  どこか通じるところがあるような感じですね)
One man's meat is another man's poison.
「大好物も人によっては毒になる」
(「薬にも毒にもなる」に似てますね)
これらをヒントにした場合
次のような訳になるかもしれません。
One man's hot potato is meat and drink to another.
meat and drink to someone というのは
これまた慣用的表現で,
「好きでやってること」
(言わば「嗜(たしな)み」や「嗜好品」のようなもの)とか
「やるのが簡単に思える事柄」を意味します。

ためになる と思われる方には
下の[英会話スクール] [拍手]をクリックして頂けると ありがたいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/46-516c252c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR