Entries

Chilcot report: 国を戦争に導くペテン行為を明らかにする

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


日本語の意味に合うよう
(   ) に選択肢を入れて
英文を完成させましょう。
答えは一番下に掲載してあります。
from to in into of for
along across at with up

1)2002年,ブッシュ元大統領 (父親の方) は
出来の悪い息子に
イラクでの戦争を行なわないよう
説得しようとしたのですが,
無駄でした。
In 2002, Bush Senior
tried (   ) vain
to dissuade his prodigal son
(   ) going to war in Iraq.


2)その当時,父親の方は
戦争後の殺戮が
戦争中の殺戮よりも大きなものになるであろうと予見して,
イラクとの戦争を行なうべきではないと
理解していた感があります。
(   ) the time, the old man
seemed to know better than
to wage war against Iraq,
foreseeing there would be
more carnage in the aftermath
than in the war itself.


3)ジョージ. W. ブッシュ (息子の方) は
その当時イギリス首相であったトニー・ブレアに
イラクの大量破壊兵器に関する
でっち上げられた証拠を提供しました。
George W. Bush provided
then British Prime Minister Tony Blair
(   ) trumped-(   ) evidence
of WMDs in Iraq.


4)そうしたペテンをすっかり鵜呑みにするほど
マヌケで浅はかであったブレア首相は
イラクとの軍事衝突を選択するよう
まんまと騙されたのでした。
Being naive enough
to swallow the sham
hook, line, and sinker,
Mr. Blair was conned
(   ) going (   )
military confrontation with Iraq.


5)ブレア首相は,たとえ何があろうとも
自分はアメリカ大統領と行動を共にし続ける旨(むね) を
ブッシュ氏に伝え,
イラクでの戦争のために英国軍を投入することを
ほぼ確約したのでした。
Mr. Blair got it (   ) to
his US counterpart
that he would be with Mr. Bush all (   )
no matter what,
all but assuring the US president
(   ) committing British troops
for war in Iraq,


6)アメリカと共同で行なわれる海外での戦争に
日本を引き入れようとして
好戦的なアメリカの指導者が用いるかもしれない
同じようなペテンに
安倍首相が簡単に引っかかってしまうのではないかと
大勢の人たちが いぶかることでしょう。
A lot of people may well
suspect that
Japanese Prime Minister Shinzo Abe
would easily fall victim (   )
the same kind of shenanigans
a belligerent US leader might use
to persuade Japan to wage war
overseas alongside the United States.


もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手] 等を
クリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂

答え
1) in; from 
2) At
3) with; up
4) into; for
5) across; along; of
6) to
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/378-55a127dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR