Entries

英国は もはや米国のイヌではない?

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


英国は
米国にとって
「言いなりになる飼い犬」
poodle
lapdog
だと揶揄 (やゆ) されてきましたが,
もはや そうではなくなってきています。

出典 Nikkei Asia Review
5月3日付 by Peter Tasker

In today's world,
Britain has many diverse interests
which are no more aligned with America's
than with those of
any other developed country.

今日の世界において
イギリスにとっての利益は
非常に多様であり,
そうした利益が
別の国と合致しているかどうか
で比較した場合,
アメリカが他の先進国に勝っている
わけではありません。

As host to
the world's largest global financial center,
it could hardly shun
China's AIIB project.

世界最大の国際的な金融の拠点
となっているイギリスにとって,
中国によるアジア・インフラ投資銀行の計画を
避けることは
まずできないでしょう。

Furthermore Britain will remain
a semi-detached part of the EU,
even if it continues as a full member.

さらには
イギリスはEU加盟国であり続けるとしても,
EUとは一線を画した状態を
維持し続けるでしょう。

If the Americans want
to maximize the leverage in Europe,
they should be talking
to the Germans instead.

もしアメリカ人が欧州における影響力を
最大限に駆使したいのであれば,
イギリスではなく,ドイツの人たちに
接触を図っていくべきなのでしょう。

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手] 等を
クリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

[C30]

参考になりました

[C31] うれしく思います

nanaさんへ。以前にコメントしてくださったnanaさんと同じかたでしょうか?参考にしていただき,ありがとうございます。これからも,役に立ちそうな内容をお届けしたいと思っています。

[C33] than with

than with those of のところを解説していただけますか?前置詞が連続するのがよくわかりません。
それと、aligned with America'sは勝っているわけではないというより肩を並べられるわけではないという感じでしょうか

今のところ毎日更新しておりますのでまたもっちょの記事にもコメントのこしてあげてください笑 

[C34] もっちょ さんへ

読んでくださり,ありがとうございます。リクエストにお応えして,この部分を別個に解説する予定なので,もう少しお待ちください。

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/324-f7a35cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR