Entries

「長いものには巻かれよ」? クイズ答え

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


日本語の意味に ほぼ合うように
(   ) に選択肢を入れてるクイズの答えです。

1) ある一定の線に従うことを
暗黙のうちに一般の日本人に強いる
何らかの不文律が
存在しているような気がします。
There seems to be
certain unwritten (code)
that implicitly compels
ordinary Japanese folks
to (fall) into line.


a code of... で 「一まとまりの規則
を意味します。
行動規定 a code of conduct/ behavior
服装規定 a dress code

code は
「コンピュータのプログラム」
「暗号」 も意味します。

encode/ decode
で,動詞化します。

2) こうした社会環境において,
危険をはらむような仕方で自らの主張を公言することは
大きな負の代償を伴う可能性があります。
(Lay)ing your assertion on the (line)
could cost you (dear/ dearly)
in this social climate.


3) その主張がどんなに
正当な根拠により裏打ちできるものであったとしても
一般大衆は時の権力と一体となって
あなたを厳しく断罪することがありえるのです。
No matter how justifiable
your claim may be,
the general public can join
the powers that (be)
to throw the (book) at you.


政府 the government
政権 the administration
 例: the Obama administration 「オバマ政権」
当局 the authorities
といった定型表現は よく見聞きされることでしょう

the powers that be
漠 (ばく) としていて,はっきりとは特定しにくいが
現に存在する
「権力にある人たち・権力機構」
といった語感で用いられることがあります。

元々は聖書 Romans 13:1
(ローマ人への手紙 13章1節)
"the powers that be
 are ordained of God."

「現世に存在する権力機構は
 神の許しを得て存在している」
から来ています。

そのような 「権力機構が存在する場所」
という意味で
the corridors of power
を使うこともあります。

古賀氏の一件を始めとして
色々言われていることからすると
There's no smoke without fire.
「火のない所に煙は立たぬ」
と言うよりか,むしろ

Too much smoke not to be fire.
「煙を出す事象が多すぎて,
 火元が存在しないわけがない」
(Too much smoke for there
 not to be a fire.)

という気がするのですが,

If you can't beat them, join them.
「長いものには巻かれよ」
ということなのでしょうか?

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手] 等を
クリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/288-bd9af696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR