Entries

Into The Woods ではない問題 答え

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


日本語と ほぼ同じ意味になるように
(   ) に選択肢を入れるクイズの答えです。

1) 彼は大げさに演技する大根役者であるとか,
退屈な芝居をするとかで
槍玉(やりだま) にあげられることにうんざりしています。
He is tired of getting roasted
for either being a ham
or putting on a (wooden) performance.


ham it up
「大根役者のような大げさな演技をする」
という動詞でも使います。

有名人を roast
「批判する/ からかい半分にコケにする」
英米のテレビ番組が YouTube に
たくさんありますので,
ご覧 (お聞き) になってみると面白いと思います。

私は個人的には
"Knight Rider""Baywatch"
で有名な David Hasselhoff
KissGene Simmons
槍玉にあげられたものが
面白いと思いました。

2) 暴力で私を痛めつけることがあるとしても
言論で私を傷つけることはできません。
(Stick)s and stones may break my bones,
but words will never hurt me.


3) 魔女であるとの裁定を受けた
女性は誰であれ,
杭(くい) に掛けられ
焼き殺されました。
Any woman judged to be a witch
was burnt at the (stake).


無知蒙昧(もうまい) が引き起こす
こうした魔女狩りの犠牲となった
ジャンヌ・ダルク (英名: Joan of Arc)
を始めとする
世界中で抑圧と弾圧に苦しむ人たち,
中でも (どことは名指ししませんが)
抑圧的な社会で暮らす Malala Yousafzai さん
のような女性や子供たちは,
問題2) で示したような気持ちを
抱いているのかもしれません。

4) 食事付きの宿泊は1週間でいくらですか?
How much a week is it
for lodging and (board)?


フランスなどヨーロッパの国々の
ペンションに相当するような
B&B (bed and breakfast)
「朝食込みの宿泊」

「食事付き宿泊」
bed and board/ room and board
があります。

イギリスや北米では pension は
主に年金を意味しますので
guesthouse
boarding house
といった言い方が普通です。

ちなみに boarding school
(寄宿舎のある) 全寮制学校
のことです。

英国では lodging house
米国では rooming house
といった一定期間,レンタル型のもあります。

221B (221b) Baker Street にある
Mrs. Hudson が貸している
boarding house/ lodging house に
Sherlock Holmes
間借りしているという英語の記述を
お読みになった方も多いことでしょう。

5) エボラ感染者の数が著しく減少しており,
大きな規模の発症・蔓延は
峠を越したのかもしれません。
With the number of
new Ebola cases plummeting,
the outbreak may have
turned a corner.

しかし,クワバラ,クワバラ/ コワいコワい,用心しないと。
私たちはまだ,難局を脱したわけではないのです。
But, knock on (wood).
We are not out of the (wood)s yet.


日本語でも 「災厄(落雷) に遭いませんように」
というおまじないの意味で
「桑原,桑原」 と言いますが,
英語では 「木に触れる」 と言います。
touch wood とも言います。

これまでのところ上手く行っている状況などにおいて,
「今後も大過なく行きますように」
という思いをこめて,
拳(こぶし) 部分で
木を軽くこつこつノックするようにたたく
おまじないの行為から来た言葉です。

多くの人たちにカヴァーされている
R&B の名曲
この表現を知った方も多いことでしょう。

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手] 等を
クリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/279-1b287341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR