Entries

先例と優先/ 成功者と後継者 違い

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


日本語に ほぼ合うように
(   ) に選択肢を入れるクイズの答えです。

1) 先人に倣(なら) い
政府は決然と行動しなくてはならない
と首相は述べました。
The prime minister said that
his government had to grasp the nettle
and tackle it head-on,
following in their (predecessors)' footsteps.


forerunners とも言えます。

2) そうした決然とした先例には
1931年から1945年までに数百万人の死者という
不幸な事態に国を向かわせた
無思慮で向こう見ずな破滅的決断も
含まれるのだろうか,
と疑問に思った人たちもいたかもしれません。
Some might have wondered
if such bold (precedent)s include
the mindless, reckless, self-destructive decisions
that led the country to the misadventure
resulting in millions of deaths
from 1931 to 1945.


3) いざとなれば,
個人の権利よりも
集団的安全が優先されるのです。
When push comes to shove,
collective security takes (precedence)
over individual rights.


4) その指導者は,
国の臨戦体制を整えることに
ほぼ成功した模様です。
The leader seems to have
all but (succeed)ed in putting
the country on a war footing.


ここでの all butalmost の意味です。

all but...…以外のすべて
と混同しないようにしましょう。
例: The football club won
  all but three
  of 34 matches in the 2013 season.

  「そのサッカークラブは2013年シーズン34試合のうち
   3試合を除くすべてに勝利した」

5) タカ派の人々の間で
安倍首相は,彼の祖父である第56代首相
岸信介の忠実な後継者として
成功した人物であるとみなされています。
In the hawkish quarters,
Mr. Abe is regarded as a (success),
being a loyal (successor) to his grandfather,
the 56th Japanese prime minister
Nobusuke Kishi.


成功 (した人事柄)」 success
後継者successor
混同しないようにしましょう。

6) 成功者たちの仲間入りをしたいのであれば
歴史から学ばなくてはなりません。
なぜなら,将来を最も的確に予告するのが
過去だからです。
If you want to join the club
with (successful) people,
you have to learn from history
because the best prophet of the future
is the past.


もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手] 等を
クリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

[C18] クイズはいいですね。

 勉強になります。私にはちょっと難しいですが^^;

 文章自体も面白いですが、これはオリジナルなんでしょうか?

 ところで、"all but" についてですが、「混同しないようにしましょう」とあるのですが、あげられている例もそうですが、"all but" の後には比率的にかなり少ない数字等がくる気がします。「少数を除いてすべて」ということで「ほとんど」と、あえて区別しなくても同じことなんじゃないでしょうか?
 マヌケな質問だったらごめんなさい。
  • 2015-03-25 08:04
  • gagatta
  • URL
  • 編集

[C19] ご質問に答えて

まずは,興味を抱いて質問してくださったことに感謝いたします。
英英辞典を見るとやはり,1)very nearly; almost と 2) all except... の二つを別個の意味に区別して掲載しています。almostの意味の場合は,後に続く数が少なくなる必要はありません。
例: With this emphatic win by the Mersey side, the championship is all but decided. 「リバプールを本拠とするこのチームが完勝したことで,優勝はほぼ決まったのも同然です」
The football club won all but three of 34 matches...の文を"almost"の意味で訳してしまうと,「そのサッカークラブは34試合のうち,ほとんど3つに勝利した」と,妙な日本語になってしまうことでしょう。この場合は,except...「…を除く」を意味するbutとして訳さなくてはならないのです。
こうした用例は英英辞書にある用例や,英米人が書いたり喋ったりしたことを基に,一部加筆しながら当サイトに掲載しています。
これからも参考にしていただければ嬉しく思います。
Lingo-Field

[C20] 回答有難うございます。

 やはり、ちょっとマヌケな質問でした。

 読み返してみて、実は最初の例の「ほとんど」のような使い方は知らなかったです。これは、"but" を除いてと考えると逆の意味にってしまいますね。

 どうも、物事を大雑把に見る癖があって、例の文を読んだ時、34試合中の3試合以外勝ったっていうのは、つまり「ほとんど勝った」ってことじゃん、って思い込んだために浮かんだ疑問でした。

 これからはよく読んで質問します。すみません。




  • 2015-03-25 11:13
  • gagatta
  • URL
  • 編集

[C21] Ditto

どうぞ,気になさらないでください。私も同じです。ざっくり見ただけで勘違いなコメントをしたり,逆に細かい所を発見してしまい,相手に逆切れされたりといったことがありました。
Lingo-Filed

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/274-5b6ed86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR