Entries

ヤンキーズ,マー君の英文記事:なぜ日本の記者たちは曲解したのか その2

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


かつてスプリットを武器に
アメリカ大リーグで活躍した名投手ダーリングが,
マー君が肘の手術を行わなかったことに理解を示し,
応援すると言ったのに,
なぜ日本のスポーツメディアは
[ ダーリング氏が 「手術すべきだ」 と言った ]
と捏造(ねつぞう) まがいの報道をしたのか?

ネタ元となった英文記事の副見出しの中で
Darling...knows that Tommy John surgery
may be the only solution
「ダーリング氏は分かっては いるのです。
 トミー・ジョン手術が,
 唯一つの解決策かもしれないことを。」
と書かれている部分を

should/ must be the only solution
「唯一の解決策であるに違いない」
と頭の中で勝手に読み違えて
「ダーリング氏は手術すべきだと思ってる」
と大きく曲解したのであろう,
ということは前回述べました。

もう一つの大きな要因は
文脈を無視して,言葉尻だけを捉える
という,正しい読解のためには
やってはいけない事をしちゃってる点です。
(take/quote it out of context)

記事の内容さえしっかり読めば,
ダーリング氏が古いタイプの考えを持っていて
故障の恐れがあることは認めつつも,
手術をしない田中に理解を示し,
田中にとっても,ヤンキースファンにとっても
最高の結果になるよう
応援したい気持ちを言い表した後に,

英文記事の記者は,ダーリング氏自身は,
そのようには,うまく行かなかったことを引き合いに出しています。
その中でダーリング氏の言葉を引用して

"trainer...could help me manage the pain
and if I had to, I could figure out
how to trick the hitters."

「トレーナーが痛みの対処を助けてくれただろうし,
 必要とあらば,小手先でごまかして打者を手玉に取る
 方法を考え出すこともできた」
と言った後に

"But I don't want to Tanaka to have to do that."
「だけど田中には,そんな小手先だけの事をしてもらいたくはない」
と言い,
さらに続けて
I hope it works out because he's a great talent.
「 (手術しないという今回の賭けが) 上手く行って欲しい,だって彼はすごい才能ある選手なのだから。」
と言った上で,さらに,この発言を裏打ちするかのように,

「145キロのスライダーを投げるピッチャーに比べれば,
スプリットを投げる田中は,
肘(ひじ) の靭帯を断裂するリスクが必ずしも大きいわけではない」
という内容でダーリング氏の言い分を締めくくっているのです。

こうした一連の文脈を無視して
最初の副見出しを読み違えて
[ 手術すべきだ ] という間違った思い込みをしたまま,
「かつての自分のようになって欲しくないので
 [ 手術すべきだ ] 」 と
はなはだしい曲解を
記者たちが勝手に入れてしまったのでした。

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/218-08f115ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR