Entries

ヤンキーズのマー君の記事,誤訳でしょうねぇ~

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


ネットのスポーツ報道の一つ
Full-Count 2月10日 18時19分付の
[ 田中将大の現状は「ギャンブル」・・・]
という記事の中で
NY Daily News の記事を取り上げているのですが,
原文の英語と Full-Count の日本語訳の間に
いくつかの食い違いがあるので指摘しておきます。

Full-Count の記事では
 「ダーリング氏の場合はキャリア中盤から
 スプリットを多く用いるようになったとの事で,
 その原因については球速の低下を挙げている」
とありますが,

原文は
...having turned to a splitter during his career
after a broken thumb in 1985...
...but he admit that it probably is responsible for
diminishing his fastball velocity after a few years.

途中からスプリットに頼るようになったが,
それは1985年に親指を骨折してからのことで・・・
しかし彼は認めている,そうしたスプリットに頼る投球が
数年後には彼の速球を減速させてしまう原因におそらくなったと


ということで,原因と結果が逆転してしまっています。

さらに
Full-Count ではダーリング氏の発言として
「私はトミー・ジョン手術を受けるという決断は
早めになされるべきだと思う。
現時点でも危険にさらされているし,
球団も見通しを知りたいはずだ。
間違いなくギャンブルだ。」
となっていますが,

それに対して 原文は
ここには示しませんが,
「手術をしないという田中の決定に理解を示し,
彼が手術なしでも活躍できることを応援する,
とダーリング氏が述べている」 部分の直後に

I think some of these decisions
to have Tommy John surgery are made hastily,
because so much is at stake now
and organizations want to have a 'known'
that they can project forward...
It's certainly a gamble.

トミー・ジョン手術を行うという, こうした決定のいくつかは
拙速に行われてしまっているのです。
なぜなら,今日の大リーグの世界では
(多額のお金といった) 重要な事柄が掛かっていますし,
どの球団にしても,
見通しを立てるために確定させておきたいことがあるからです。
(そのことを考えれば,手術をしないという田中の決定は)
確かに一つの賭けだと言えるでしょう。

 
 [ 解説 ] ① 「すべきである」 を意味するのであれば
       some of these decisions
      ... should/must be made hastily
       となるはずです。
 
 ② haste / hasty / hastily には
  Haste makes waste.
 More haste less speed.  
 「急(せ) いては事を仕損じる」 「急がば回れ」
 のように,「下手に急ぐ/慌ててぞんざいに」 といった語感があり,
 相手に急ぐよう勧めるときには普通使われません
 
 ③ organizations と冠詞なしで,複数形ですので,
  一般の球団を指しており,
  ヤンキースだけのことを言っているわけではありません


こうして見てみると,結構な違いがあることが分かります。
まだまだネットメディアの世界では
英語の読解力が不足しているようですね。

PS. この書き込みの直後,
  Full-Count さんに 「訳を間違ってますよ」
  とメール入れておきましたので,
  ひょっとしたら,もう手直しされているかもしれません。


もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/215-da1ff412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR