Entries

「なんか英語でしゃべって」 と言われたら

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


英語が出来るということで,
会話をしている相手から
「何かしゃべってみて」 と言われ,
さてどうしたものか,
戸惑ってしまうということが
結構多くの英語好きの方たちに
あるようにお聞きします。

そんな時のために,
以下のようなことをしてみるのは
いかがでしょうか?

You might want to imagin yourself talking in English about something you are familiar with. 自分にとって馴染(なじ) みの話題を英語でしゃべっている自分を思い浮かべるのはどうでしょう。
Doing that on a daily basis can really go a long way. そうしたことを日常的に行うことで,大きな効果をもたらすことができるのです。
Off course, it could be a vague process at first. もちろん最初は,漠然(ばくぜん) としたものかもしれません。
But as you stick to it for some time, you will be able to refine the imaginary talk, even in fine details. でも,ある程度の期間,続けていくうちに,そうした想像上の会話が洗練され,ことによっては細部に至るまで洗練される事だってあるでしょう。

It's like simulating the situation in your mind over and over until the real thing hits you. それはちょうど現実にぶち当たってしまう前に,頭の中で繰り返し simulation を行うようなものです。
To use an analogy: if you are constantly prepared for a major quake, you are much less likely to get hurt. 例えを用いると,常に地震への備えが出来ていれば,被害に遭う(傷付く) 可能性は,かなり小さくなるのです。

So here's just one suggestion. ここに提示するのは一つの案に過ぎません。
You can arrange it as you wish to meet your needs. 必要に合わせて,自分の好きなようにアレンジすることが出来るでしょう。
It could go something like... 以下のような感じになり得ます。

OK. What would you like me to talk about? 何について話して欲しいとあなたは思ってるの?
It could be about my latest fad, or my long-time passion. 私が最近ハマっていることでもいいし,長年ずっとハマっていることでもいいし。
Or you may find it interesting if I talk about this dish I cooked the other night. それとも,こないだの晩に作った料理についての話が面白いかも。
Whatever subject or topic would be fine by me, as long as it's not too private. どんな題材や話題でもかまわないよ,あんまり深く個人的な事でない限りはね。
So why don't you take your pick? そんなわけで,好きなの選んでみて。

Cf. 文法に厳しい先生方が
  「So や Because を突然文頭に使うのは正しくない」
 とおっしゃられるのは十分承知しておりますが,
 日常会話に関する限りにおいては
We the hoi polloi ain't
give a damn about it.

 「我々のような俗な輩(やから) にしてみれば,そんなの関係ねぇ」
 って感じでしょうか。
 もっともフォーマルな書き言葉ではダメでしょうけど。

PS. 地震への備えと言えば,
個人的にそれなりの備えをしていたおかげで
過去三度の宮城県を襲った震災
 [ 震度を示すマグニチュードは
 それぞれ 7.4 (1978年); 7.2 (2008年); 9.0 (2011年)
 on the Richter scale ]
を大過なく切り抜けることが出来ました。
日本各地でそろそろ危なくなっていますので,
皆さんも,ぜひ備えのほどを


もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/214-1eff6367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR