Entries

internet of things :どんな言い方が定着するやら

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


"Internet of things"
will be the next big thing.

モノ同士がネットでつながって機能する状態
 次なる大きなトレンドになる」
と欧米メディアで言われ始めて
もう4,5年が経つような気がします。

今日,ネットでニュースを見てたら
IoTモノのインターネット」 として紹介されてました。

振り返ってみれば
携帯の application soft を意味する
app ( 「アップ」 に近い発音。口を横に開ける 「ア」 です )
は 「アプリ」 という日本語に
変わってしまった一方で,

当初 「三次元コピー」 といった訳さえあった
3D-printer はそのままカタカナで使われてます。

かと思えば,
感覚的に使いやすい操作・表示」 を意味する
intuitive interface
「直感的なインターフェイス」 と
直訳丸出しで,カタカナにしただけの
お粗末な状態。

画面上に映し出される現実に
ネット情報やデジタル画像を組み込む
augmented reality
「 拡張現実 」 はいまだに AR と言われるだけで,
分かりやすく流行になるような日本語に
しようとする気もないようです。

さて,internet of things
日常的な電化製品や家,自動車といったモノが
 ネットで相互につなっがて機能する状態

にはどんな日本語が定着することやら。

「モノのネット化」 「オールネット化」 「オールネット状態」
「ネット系家電」 「ネット上家電」
などと呼ばれるんですかねぇ~?
We have to wait and see.
今後に ご注目。

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/213-542cbccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR