Entries

人が重複すると,どうなるか

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


redundant 「重複した状態の」
という言葉を使って英国で
be made redundant と言えば
「解雇される」
be/get laid-off
be/get fired/sacked

を意味します。
例: If you do a Google image-search
using the phrase "made redundant",
a pic of a laid-off man will appear,
holding a cardboard box
that contains his office stuff.

「Google の画像検索で "made redundant"
 を入力して探すと,
 オフィスの私物が入った段ボール箱を抱えた
 解雇された男性の写真が現れることでしょう」

ちなみに,
アナ雪によって,あっという間に広まった
let it go
(直訳すれば)「何かを解き放つ」 ですが,
let someone go
で 「…を去らせる」 つまり 「…を解雇する
という意味になります。

名詞の redundancy
上に挙げた 「重複」 「解雇」 という意味のほかに,
技術系の方にとっては大事な概念を意味します。
常用する箇所と同じもの,つまり重複する部分を備えることで,
常用箇所が機能しなくなっても,
重複部分が back-up の働きをする仕組み

のことです。
例: They were naive enough
to believe the nuclear power plant
had enough redundancy
to prevent a major accident.

「その原発には深刻事故を防ぐための二重の(安全)予備システムが
 十分に備わっていると信じ込むほどの
 浅はかな状態に彼らはおちいっていたのでした」

「もうすでに考え出されていること・確立されていることに,
 わざわざ一から取り組もうとする」
「重複する無駄な取り組みを行う」 のであれば,
reinvent the wheel
という言い回しを使えます。

「すでに自明の事実 (当たり前の事柄)を,ことさら取り上げようとする」
という意味の重複であれば
truism と言います。

それを承知の上で,あえて何か言いたい場合は
At the risk of belaboring the obvious,
「自明なことの重複になってしまう危険を承知の上で,あえて言うと」
「明らかなことですが,あえて言わせていただければ」
という言い回しがあります。

英作文を習った方ならご承知でしょうが
同じ意味の言葉を無駄に重複させることは
避けるべき
だと教えられます。
そのような不必要な言葉の重複のことを
tautology/ pleonasm/ verbiage と言います。
例: his autobiography of his own life
  「彼自身の自伝」

Although this blog entry
may largely overlap the area
covered by the article presented by Pina-san,
as you can see,
it is in no way
an attempt to duplicate/replicate
their materials.

この書き込みはPinaさんの記事に取り上げられている
領域とおおむね重なっていますが,
ご覧の通り,それらの内容を
そっくり複製しようとするものでは決してありません。

今回の書き込みもまた
オンライン英会話 Pinas Academy Pinaさんのブログ
に触発を受けたものです。
Pina さん,いつも小気味よく,簡潔な
ブログ更新をありがとうございます。
この場をお借りして御礼申し上げます。

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/211-80a251b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR