Entries

about の用法 (1) 訳例

As the restaurant is about to open for the first time,
all the staff are frantically tying up some loose ends.

レストランの新規オープンが間近に迫っている中で,
すべてのスタッフは,やり残した一部の仕事を仕上げようと てんてこ舞いである。

be about to do は「…し始めるようとしている」時に使える表現です。
接続詞 Asで始まる文には色々な意味がありますが,
ここでは "all the staff are..."以下の主文の背景となる
現在の状況を説明する働きをしています。
このAsで始まる文は,背景説明や状況説明の際に,英文メディアが頻繁に使用する表現ですので,
ぜひ覚えておかれると良いでしょう。
また,同じような背景説明や状況説明を行う際に,
(今回のようなAsで始まり 主語+動詞で構成される文ではなく)
Withで始まる名詞節を使うこともよくあります。
例えば,今回の例文だと
With the restaurant (being) about to open for the first time,
となります。

また,all the staffという主語が複数扱いになって areで受けていることにも留意されるといいでしょう。
企業や組織には複数の人たちが存在するということで,
company や organizationといった単語が主語になった場合なども,
複数扱いされることがよくあります。特にイギリス英語でその傾向があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/17-0502c569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR