Entries

相手の心を開くためのアプローチ(訳例1)

前回取り上げた英会話文の訳例(その1)です。

I was wondering what you're in for.
君が何か面倒なことに巻き込まれるのではないかと気になっていました。
Believe me, you can count on me
getting your back when you think
you're walking on thin ice.

本当に/確かなことだけど,
やばい橋を渡る羽目になりそうだと思っているなら,
君の助けになる者として
僕をあてにしていいいよ。

*1.He is in for it/ trouble/ a problem.
「彼は面倒/問題に面しようとしている」という意味になります。
*2.have/get his back
「彼を支援する」という意味になります。
get と back を使った表現には紛らわしいものがあります。
以下の英文の意味はすべて異なります。
どういう意味か考えてみてください。
I think I can back you up.
I hope I can get your backup.
I hope I don't get your back up.
I'll get you back for this.
I'll get back to you for this matter.


続きの訳例は近日中に掲載予定です。
ためになる,と思われる方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/163-e7cfc5de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR