Entries

温暖化で高潮被害 クイズ答え

温暖化で大型低気圧による高潮被害が
深刻化することに関するリポート
に基づくクイズの答です。

1) ニューヨーク市は
パンチを食らわんとする顎(あご) のような形で
大西洋に面しています。
そこにハリケーン・サンディーがやって来て
一撃を食らわせました。
New York City faces the (Atlantic) Ocean
like a chin waiting to be hit.
And Sandy stepped up and (whacked) it.


2)ごく一般的なハリケーンや台風でさえ
いつか将来,家の玄関先まで海水を
引き上げてしまうかもしれません。
Even (garden-variety) storms
may someday (heave) water up
to your (doorstep).

garden-variety は common-or-garden
と言ったりもします。
doorstep の代わりに front porch/ front door でもいいでしょう。

3)幾つかのことは
ごく当然の事柄/ 分かりきった事柄です。
Some things are a (given).

4)修繕をする人たちが家々を回り
水を吸って柔らかくなってしまった床板を
切り取ったり,
残骸(ざんがい) を運び出したりしています。
Repair crews go from house to house,
cutting up (soggy) flooring
and (hauling) away (debris).

同じ残骸でもコンクリートやブロックなどの硬いものは
rubble と言います。
どちらも不可算名詞ですので注意しましょう。

5)黄色のステッカーはその家が
居住可能ではないことを意味しています。
The yellow sticker means
the house is not (inhabitable/habitable).

日本人が sticker を指すつもりで
シール seal というのは間違いですので気をつけましょう
また,inhabitable の in は
打消しの接頭語ではないので注意してください。
「住むことができない」uninhabitable です。
似たようなものに可燃物を示す
flammable/inflammable があります。
不燃物nonflammable ですので,
これも注意が必要です。

6)①線引き/ 区画規定は,②地下空間に
③配電盤のような④ライフラインを
置かないよう求めています。
(Zoning codes) require that
no
(utilities),
such as electrical
(switching) boxes,
be in the
(basement).
配電盤は switching board とも言います。
以前にも指摘しましたが,
電気・ガス・水道などといった utilities
が結果として命を支える手段 (lifeline 命綱) となる,
という特定の場合以外は,
英語では普通,電気,ガス,水道を直接意味するのに
lifeline を使うことはありませんので,ぜひとも注意を

(英国のロックバンド 10cc の曲に
 Life Line という題名の一曲があり
 歌詞の中で A telephone line is like a lifeline. とか
 A telephone line is a lifeline.
 まさにそうした使い方をしていますので,興味のある方は
 YouTube 等で聴いてみられるといいでしょう)

7)家々の間には
流れのない水の中に背の高い葦(アシ/ヨシ) や
曲がりくねった木々のある
湿地を目にすることができます。
In between houses you can see
(Wetlands/Marshes/Swamps), where tall (reeds/bulrushes) and twisted trees
are in (standing/stagnant/still) water.

同じ湿地状の場所でも,
河口近くの干潟(ひがた) であれば
estuary とか mudflat と言います。
アメリカで代表的な湿地状の場所と言えば
everglades/Evergladesbayou があります。
また,イギリスの荒野には草原の中に
泥沼 (bog/mire) が点在する地域があり,
そうした場所を moor と言います。

ためになる,と思われる方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/148-2705eb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR