Entries

感じることが先。知識は後から。

20世紀が生んだ偉大な巨人らの一人である
Rachel CarsonThe Sense of Wonder
高校の英語教科書に載っていますが,
教師用の訳例が
an insult to your intelligence
といった内容だったので,
勝手に訳してるシリーズの4回目です。

I sincerely believe that
it is not half so important to know
as to feel.

私が心から思っていることがあります。
それは,知ることは,感じることに比べれば
それほど重要ではないということです。

If facts are the seeds
that later produce knowledge and wisdom,
then the emotions and the impressions of the senses
are the fertile soil in which the seeds must grow.

事実という情報が
やがて知識や知恵を生む種だとすると,
感受性によってもたらされる感情や印象は,
そうした種が育つための肥沃(ひよく) な土壌なのです。

The years of early childhood are
the time to prepare the soil.

幼児期というのは,
そうした肥沃な土壌を整える期間なのです。

Once the emotions have been aroused
― a sense of the beautiful,
the excitement of the new and the unknown,
a feeling of sympathy, pity, admiration or love
― then we wish for knowledge about
the object of our emotional response.

美しさに対する感覚,
新たで未知なるものへのときめき,
さらには,情けや哀れみや感嘆や愛情といった
感情が呼び醒(さ) まされて初めて,
そうした感情を触発したものについて
知識を持ちたいと思うようになるのです。

Once found, it has lasting meaning.
そのように認知されて初めて,永続的な意味合いが生まれるのです。

It is more important
to pave the way for yourself
to want to know
than to just take in a diet of facts
you are not ready to assimilate.

消化も吸収もままならないような情報を
ただ形式的に取り込もうとするより,
まず自分自身が知りたいと思えるよう
道を整えるほうが大事なのです。

ためになる,と思われる方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/144-927cb960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR