Entries

高校の英語教科書を勝手に訳す

某大手教科書会社が掲載している
Rachel Carson による The Sense of Wonder
の2回目です。

Our next adventure
a few days after the storm had passed
had to do with life,
for we were searching for ghost crabs,
those sand-colored, fleet-legged beings
which Roger had glimpsed briefly
on the beaches in daytime.

私たちの次なる冒険は,
例の嵐が去って2,3日してからのことで,
それは生命と関係のあることでした。
それと言うのも
私たちは,砂と同じ色で,すばっしこいユウレイガニを
見つけようとしていたのです。
これは,ロジャーが昼間,浜辺で
チラッとだけ見ることのできたカニです。

But the crabs are chiefly nocturnal,
and when not roaming the night beaches
they dig little pits near the surf line
where they hide,
seemingly watching and waiting for
what the sea may bring them.

ただ厄介なのは
このカニは主に夜行性のうえに,
夜,砂浜をうろついていない時は
小さな穴を掘り,その中に隠れて
海が自分に もたらしてくれるものを
狙って待ち構えているようなのです。

For me, the sight of these small living creatures,
solitary and fragile against the brute force of the sea,
had moving philosophic overtones,
and I do not pretend that
Roger and I reacted with similar emotions.

私としては,そんなちっぽけで弱弱しい生き物が
海の容赦ない力に単独であらがっている姿には,
どこか心を動かされる,哲学的な趣(おもむき)
を感じ取っていました。
もっとも,私とロジャーが同じように感じて反応していたと
言うつもりはありませんけど。

But it was good to see his infant acceptance
of a world of elemental things,
fearing neither the song of the wind
nor the darkness nor the roaring surf.

とは言え,原初的な森羅万象(しんらばんしょう) を
ロジャーが子供らしく,
風の音色や暗闇や吠え猛(たけ) る波などを恐れることなく
受け止めている様子を満足感をもって眺めていました。

This sharing of adventures includes
nature in storm as well as calm,
by night as well as day,
and is based on having fun together
rather than on teaching.

こうして二人で冒険を共に経験したわけですが,
その中には嵐もあれば穏やかな自然もありますし,
夜もあれば昼もあります。
そしてそれらの根底にあるのは
共に楽しむことであり,
何かを教えるというわけではありません。

ためになる,と思われる方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/140-790cb407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR