Entries

高校の教科書課題にもとづく感想文

高校の英語 reading の教科書に載っている
A Man Who Saved the Worldという
新型肺炎SARS の解明に自らの命を賭することになった
一人の医師の物語について
オッサンが読書感想文を書くとどうなるか。

I'm in awe and admiration of the heroism
Dr. Urbani demonstrated
when faced with the unconscionable challenge
of combatting the deadly epidemic.
Reading the account of
how he died in his crusade for humanity
with a strong sense of mission, dedication,
and most of all, love toward fellow human-beings,
I was so full of emotion that tears spontaneously
welled up in my eyes
and coursed down my cheeks.

He had to die in a rather tragic manner,
but not in vain.
Through his sacrificial death, the kind of one
that reminds me of that by Jesus Christ,
countless millions can
now live and enjoy their life.

All I can pray for now is that
God gives each and every one of us
strength and courage
if and when we face the kind of unimaginable situation
that Dr. Urbani encountered,
so that whatever sacrifice any one of us has to make,
benefits far greater than expenses can result
after everything is done thoroughly.


[大意]
死をもたらす感染症の拡大にひるむことなく立ち向かう
Urbani 医師の勇敢な姿勢に只ただ敬服しています。
使命感と献身,そして何よりも人々への愛にもとづく
戦いのさなかに散っていったくだりを読んだ時には,
あまりの感動に自然に涙があふれ,頬をつたっていきました。

彼は非業の死を遂げはしましたが
その死は決して無駄ではありません。
その犠牲の死は,あたかもキリストの犠牲の死のように
数え切れない人々が人生を謳歌することを可能にしたのです。

私が今できることといえば,
Urbani 医師が経験したのような
想像を絶する立場に面したときに,
神様が私たち一人ひとりに力と勇気を与えてくださり,
あらゆる手を尽くした後は,
どのような犠牲を払うことになろうとも,
犠牲をはるかに超える恩恵がもたらされるよう
祈るのみです。

何かを感じていただけた方には
下の[英会話スクール] [拍手]をクリックして頂けると ありがたいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/115-f62f079c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR