Entries

オッサンの高校生デート

以前にも述べましたが
高校生に相対で教えてもおります。
教科書の作文課題に
「進君と美佐子さんのデートの話を自由に作りなさい」
とありましたので,
不純にならないよう
心を戒 (いまし) めつつ書いてみました。

Susumu and Misako decided to go and see
the football match between local club
Vegalta Sendai versus Ni-igata.
The match was expected to be exciting
because it would be a make-or-break one
for both teams,
with Sendai eyeing up a top spot
and Ni-igata desperately trying
to remain in the top division.


The young couple rendezvoused at half past 11
in front of a statue of team mascot Vegatta-kun
standing in the stadium forecourt.
Then they headed for a nearby restaurant
to have lunch.
After enjoying a bit awkward
but still fun conversation over Italian,
they joined a long queue snaking around the stadium
with almost no end of it in sight.
It was freezing.
As Susumu saw Misako shivering,
to his own surprise,
he had chutzpah to hold her hands
in an attempt to warm her.
Immediately feeling the sap rising,
he only managed to keep a stiff upper lip.


Thirty minutes later, they took their seats.
They were more than ready to get into the spirit of it,
while watching cheer leaders' performance
and feeling the pre-game excitement rising.
Then came the kickoff at 2:30 as scheduled.


この続きは次回掲載します。
[大意]
進と美佐子は地元のサッカーチーム ベガルタ仙台 対 新潟
の試合を見に行くことにしました。
両チームにとって のるかそるかの大一番だったので,
盛り上がることが必至でした。
仙台は首位を狙ってましたし,
新潟は何としてもトップリーグに残留しようとしていました。

二人は11時半にスタジアムの正面広場に立っている
チームマスコットであるベガッタ君の前で落ち合い,
近くのレストランに向かいました。
イタリア料理を食べながら,ちょっぴり ぎこちないけれども
楽しい会話をした後,
二人はどこまでも続くかのような長蛇の列に並びました。
この日は凍 (こご) えるような寒さでした。
美佐子が寒さで震えてるのを見た進は,
彼女を暖かくしてやろうと
自分自身でも驚くほどの大胆さで,
彼女の手を握っていました。
進はすぐに熱きものがたぎるような感覚を覚えましたが
何とか平静を保ちました。

30分後席に着いた二人は
チアリーダーたちの応援を見たり
試合前の興奮が高まっていく様子を感じながら
気分的に盛り上がっていきました。
そしてついに予定通り2時半にキックオフとなりました。

気に入ってくださった方には
下の[英会話スクール] [拍手]をクリックして頂けると うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lingofield.blog.fc2.com/tb.php/100-3bc835c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR