Entries

about の用法 (4)

As far as I'm concerned, this vocation of teaching isn't necessarily about earning my living, but rather about achieving a deep sense of fulfillment as I see first hand my students develop thier English skill.

この英語例文の訳例は近日中に掲載します。お楽しみに。
スポンサーサイト

about の用法 (3) 訳例

A: Nowadays, almost every TV and radio presenter looks like talking about this "hashtag" thing. What's it all about? 近ごろ,テレビやラジオのほとんどの司会者が「ハッシュタグ」とかって言っているようだけど。それって一体何なの?
B: It's a symbol # combined with a key word, which is used to categorize tweets according to a certain topic or subject so that Twitter users can easily follow relevant info in the Twitter space. That is what it's all about.
それは,鍵となる言葉と一緒に示される#記号で,ツィッターでつぶやかれることを 特定の話題とかテーマごとに分類するのに用いられてて,ツィッターを利用する人たちが ツィッター上にある 自分にとって有意義な関連情報を継続的に追っかけてくのを容易にするものなんだ。それがハッシュタグというものなんだよ。

こうした時代に即した英語を教えるクラスが10月から開講します。
興味のある方には無料の体験レッスンを行っています。
お問い合わせは下記のe-mailアドレスまでお寄せください。

pfpsm056@ybb.ne.jp
仙台市若林区志波町9-14

英語で格言(1) 日本語版

ドン・キホーテの原作者 Miguel de Cervantes によると
「諺(ことわざ)/格言は,長年の経験にもとづく一片の文」
ということになります。
それは,「人生とは何ぞや」に関して端的にまとめたものであり,
混沌の度合いを増す今の世を渡り歩いていく上での
導きの光となるものです。
それはまた
選りすぐられた語句や言葉使いに満ちた一片の文,
理知的であったり,時に洒落ていたりする一片の文に
凝縮された珠玉の知恵であり,
真理を垣間見せてくれるものでもあります。
それを諺と呼ぶか,
あるいは格言,名言,金言と呼ぶかにかかわらず,
その時々でこうした知恵の言葉に出くわさずにはいられないものです。
私の場合,毎日一枚ずつめくっていく形の
いわゆる「日めくりカレンダー」なるものの中で目にします。
多くの場合
こうした日めくりものに載っている知恵の言葉は作者不詳であり,
と言うことは,
英訳が最初から併記されてある場合は別として,
ちゃんと英語に訳されたことがないのでは,
と思っています。
と言うことで,
その訳されていない穴を埋めるべく,
持てる英語力を駆使して
そうした格言を英訳してみることにしました。
最初に取り組むのは以下の格言です。
「苦手なことに挑戦するちょっとした勇気を奮い起こすことで,
自分の生き方を広げることができるのです。」
By mustering up just a little bit of courage
to tackle what you are least good at,
you can expand your life's horizon.


この格言は
世の中がますます混沌とし危ういものになる中で
前進するための道筋を模索しようともがく際,
新たなことにチャレンジすることが重要であることを
思い起こさせるものとなっています。
また,英語を学んでいる人たちにとっては,
様々な学びの体験に打ち込み,
幅広い題材や話題に自分をさらすことで,
英語を習得することができることを
教えるものともなっています。

about の用法 (3)

A: Nowadays, almost every TV and radio presenter looks like talking about this "hashtag" thing. What's it all about?
B: It's a symbol # combined with a key word, which is used to categorize tweets according to a certain topic or subject so that Twitter users can easily follow relevant info in the Twitter space. That's what it's all about.


この英文の日本語訳は近いうちに掲載します。お楽しみに。

英語で格言 (1)

According to the author of Don Quixote,
Miguel de Cervantes,
a proverb is a short sentence based on long experience.
It's a brief summation of
what life is all about,
serving as a beacon for us
to guide our journey in this increasingly chaotic world.
It's a gem of wisdom
encapsulated in a clever, sometimes witty, sentence
filled with well-chosen words and phrases,
giving us a glimpse into truth.
Whether you call it a saying, maxim, axiom, adage or whatever,
you inevitably encounter one of these words of wisdom
every now and then.
In my case, I often read them
written on a so-called "daily calendar",
with which you can turn one page for each day.
More often than not,
the source of clever remarks
found on these calendars are anonymous,
which I suspect may probably mean that
they haven't been properly translated into English yet,
except the one written both in Japanese and English in the first place.
So I decided to take up the slack
and put my English skills to good account
in order to render some of them into English.
The first one I'd like to take on is as follows:
By mustering up just a little bit of courage
to tackle what you are least good at,
you can expand your life's horizon.

(苦手なことに挑戦するちょっとした勇気を奮い起こすことで,
 自分の生き方を広げることができるのです)

This sentence should remind us
of the importance of taking up a new challenge
in our struggle to explore a way forward
as the world is becoming
an increasingly messy and dangerous place to live in.
This may also serve as a good reminder
for many learners of English that
they can develop their English skill-set
by applying themselves to a wide range of learning experience
and exposing themselves to a variety of subjects and topics.

この英文の日本語版は近いうちに掲載しますので,お楽しみに。

英語でリラックマな気分 (3)

As shown in the previous postings
in this Relakkuma section,
sometimes you have to rack your brains
to come up with a clever translation
that preserve wit and humor found in the original text.
However, at the other end of the equation,
it's so straightforward
that you can easily find an English equivalent/counterpart
for a certain Japanese phrase/sentence.
You will come across plenty of these examples
if you peruse Relakkuma picture book series.
The caption 「下を向くより上を向いた方が呼吸もしやすいですよ」
is a case in point.
This Japanese sentence may remind
quite a few English learners
of an English expression "Chin up!",
which is used to cheer someone up.
So if I were allowed to do so,
I would render the caption into something like:
Keep your chin up to take a deep breath.
(ゆっくり深呼吸するには,元気に上を向きましょう)
When you want to ease someone's nervousness
or calm them down in English,
you could encourage them to take a deep breath.
In this way,
you can keep intact
the original notions of "look up" and "breathe in"
while maintaining the somewhat didactic tone of the original text.

Incidentally,
if you are in a brooding mood,
or moping and fretting over something,
you could say
you are gazing at/contemplating your navel.

この英文の日本語版は近日中に掲載しますので,お楽しみに。

on の用法 (4) 訳例

On/Upon arrival at the venue, please report to the reception.
会場に到着されましたら,受付にお越しください。

会話でしたら
When you arrive, just drop by at/on the reception.「着いたら受付に立ち寄って。」
と言うことができるでしょう。

about の用法 (2) 訳例

Although she had her ankle dislocated a fortnight ago,
Grace is now out and about having fun with her friends.

グレイスは2週間前に足首を捻挫したのだが,今ではあちこち出歩いて,友達らと遊んでいる。

be out and about で元気にあちこち出歩いている様子を示します。
同じような表現に be up and about というのもあり,
こちらは病気などから回復して,出かけられるようになっている状態を示します。
関連した慣用表現に man about town という言い回しがあります。
歓楽街などの町のあちこちを遊び歩いている男性,と言ったところでしょうか。

「足首を捻挫する」は単純に dislocate/sprain her ankle でも勿論 構いません。
ここでは have + 目的語 + 過去分詞 の使い方を覚えてもらうために,
あえてこうした表現を取りました。

a fortnight はイギリス独特の言い回しで,two weeks の意味です。

about の用法 (2)

Although she had her ankle dislocated a fortnight ago,
Grace is now out and about having fun with her friends.


この英文の訳例は近日中に掲載します。どうぞお楽しみに。

about の用法 (1) 訳例

As the restaurant is about to open for the first time,
all the staff are frantically tying up some loose ends.

レストランの新規オープンが間近に迫っている中で,
すべてのスタッフは,やり残した一部の仕事を仕上げようと てんてこ舞いである。

be about to do は「…し始めるようとしている」時に使える表現です。
接続詞 Asで始まる文には色々な意味がありますが,
ここでは "all the staff are..."以下の主文の背景となる
現在の状況を説明する働きをしています。
このAsで始まる文は,背景説明や状況説明の際に,英文メディアが頻繁に使用する表現ですので,
ぜひ覚えておかれると良いでしょう。
また,同じような背景説明や状況説明を行う際に,
(今回のようなAsで始まり 主語+動詞で構成される文ではなく)
Withで始まる名詞節を使うこともよくあります。
例えば,今回の例文だと
With the restaurant (being) about to open for the first time,
となります。

また,all the staffという主語が複数扱いになって areで受けていることにも留意されるといいでしょう。
企業や組織には複数の人たちが存在するということで,
company や organizationといった単語が主語になった場合なども,
複数扱いされることがよくあります。特にイギリス英語でその傾向があります。

about の用法(1)

As the restraurant is about to open for the first time,
all the staff are frantically tying up some loose ends.


訳例および解説は近日中に掲載します。どうぞお楽しみに。

英語でリラックマな気分(2) 日本語版

リラックマ =(イコール) ぼんやり過ごす/ゆったりする/くつろぐ
といったことに関連するあらゆる事柄であり,
気持ちをやんわり ほっとさせてくれることと
切っても切れない関係にあります。
こうしたお気楽で
周りなど どこ吹く風といったものの見方のせいで,
このクマもどきのキャラは時々
外の世界に対して茫然自失の状態に陥ってしまいます
(といっても,まじめに瞑想してるわけではなく,
 ただ単にぼんやりしてしまっているだけなのですが)。
絵本シリーズの中でも
このダラダラなクマさんが
幸せそうにもうろうとなっている
(簡単に言えば,ぼけ~っとしている)
姿を目にすることでしょう。
そんな様子を説明した言葉に
「担当の者がいないので分かりません」
(直訳すると「責任の者が不在のため,答えようがありません」)
というのがあります。
もちろん,作者の先生がこの場合おっしゃりたかったのは
「おつむの一部が現在使用できませんので,
 なんも考えられません」ということです。
ここで問題となるのが,
このような洒落たおふざけの文を
どのようにして
面白おかしい意味を損なうことなく英語に訳すことができるか,
というものです。
私ならfacultyという言葉を使うことでしょう。
一つにはthe facultyという言葉は
ある一つの教育機関に属する教授陣/教職員/学術関係者を
まとめて意味する言葉です。
ですから,もし大学病院なんかで
“The mental faculty is now unavailable.”
と書かれた通知が張り出されているのを目にした場合,
それは「精神科/心理学科の先生方は現在お会いできません」
ということを意味する可能性があります。
その一方で,mental facultyという言葉は
ある人の知的能力を指す意味を持ったものでもあります。
そんなわけで,
私の訳としては次のようなものになるでしょう。
I cannot possibly comment
as the mental faculty is currently unavailable.

(知的関係のものが現在不在のため,コメントのしようがありません)

ある種のユーモア,
特に駄じゃれを訳すことは
ほとんど不可能だとよく言われますが,
ツキがあれば,
そしてさらに重要なこととして
十分な知識を有していれば,
そうしたユーモアを訳で消し去ってしまうのを
防ぐことができるでしょう。

英語でリラックマな気分(2)

Relakkuma is synonymous with
everything that has to do with
veging out, chilling out, mellowing out,
and inseparably associated with
everything that puts your mind at rest.
Sometimes, such easy-going, almost nonchalant outlook of his
leaves this pseudo-bear lost to the world,
not in any serious meditative state
but rather purely and simply being absent-minded.
In its picture book series,
you often find this slacker bear
depicted in a blissful stupor,
or simply put, as being spaced out.
One caption accompanying such an illustration reads
「担当の者がいないので分かりません」,
which means, when literally translated,
"I cannot possibly answer
 because a person responsible/ a person in charge is unavailable now".
Off course, in this case
the author must have tried to get across that
"Part of my grey matter/ my mental stuff is currently unavailable
so that I cannot think anything at all".
This poses a question:
How can this kind of tongue-in-cheek sentence be translated into English
while preserving its humorous sense intact?
I would use the word "faculty".
For one thing, "the faculty" means
all the academic staff
belonging to a particular educational institute.
So if you happen to see a notice
being put up at some medical school,
saying "The mental faculty is now unavailable,"
it can mean
all the doctors and other academic staff
in the psychiatry/psychology department
cannot meet you at the moment.
But the word also has another sense
that refers to your mental capability.
Therefore, my rendition would be like:
"I cannot possibly answer
 as the mental faculty is currently unavailable.
"


It's often said that
it is near impossible to translate
some kind of humor, especially a pun.
But if you are lucky,
and more importantly, knowledgeable enough,
you will be able to prevent
such humor from being lost in translation.

この英文の日本語版は,近日中に掲載予定です.どうぞお楽しみに。

onの用法(4)

会話的用法ではなく,書き言葉になりますが,以下のようなonまたはuponの使い方もあります。
On/Upon arrival at the venue, please report to the reception.

この英文の訳例および解説は近日中に掲載します。お楽しみに。

Native的 英会話表現 onの用法(3) 訳例

It's not on for any language school to charge students handsome money and fob them off with two-bit teachers.
「高いお金を請求しておきながら,大したことのない先生を押し付けてくるなんてことは,いかなる語学学校にとってもあるまじき行為である。」

この場合のonは形容詞的用法で,be動詞の否定形を伴って「社会常識的/同義的/倫理的に適切ではない」ことを表します。

英語でリラックマな気分 日本語版

クマの着ぐるみの漫画的キャラクターである
Relakkuma
(正式なローマ字表記に厳密に従うならRirakkuma) が,
ここ日本においてえらい人気となっています。
そうした人気の大きな部分は
子供たちによるものではなく,
むしろ大人たちによるものです。
対象となる読者層が大人であることは
リラックマの絵本シリーズを見れば一目瞭然です。
絵本の中では,どこか不思議なクマまがいのキャラが
いつもの漫画スタイルで描かれているのと平行して,
その絵に対応する言葉が記されており,
それらの言葉は
このクマまがいのキャラが知恵の言葉とみなしているものです。
そうした知恵の言葉は時に
日本の伝統的価値観を映し出すような
格言/諺(ことわざ)にちなんだものとなっており,
忙しく退屈な日々を送らざるをえない私たち大人に,
ちょっと一息ついて
人生への向かい方を見直してみるよう促すものとなっています。
そうした言葉の一例として
「石橋をたたいても忘れる」というのがあります。
無味乾燥な仕方で訳すなら
"There's always something you fail to remember,
 no matter how careful you might be."
(どんなに気をつけていても,覚え損なうことがいつも何かある)
といったところでしょうか。
こうした訳でも
元の日本語の大意を表してはいるものの,
部分的に引用されている
「石橋をたたいてまで検分する」ことに言及した
諺 (ことわざ) の行間の雰囲気を伝えるには
あまりにも味気なさ過ぎることでしょう。
では,どのようにこうした文を訳せばいいんでしょう?
もし私がこの文の翻訳依頼を受けたとしたら
石にさりげなく言及しつつ,
何かを徹底的に行う様子を表す英語の慣用句を使い
次のようなものになったことでしょう。
There's only so much you can remember
 though you may try to leave no stone unturned.

(徹底的にやっても,憶えられることは限られてるんですよ)
この翻訳例では
「何かを達成するのに,人為の及ぶかぎり できるだけのことをする」
という意味の慣用句 leave no stone unturned
を用いました。
このようにして
原文が諺を使って言おうとしているものを損なうことなく
作品を大人向きのものに保つことができるのです。

Native的 英会話表現 onの用法(3)

It's not on for any language school to charge students handsome money and fob them off with two-bit teachers.
この英文の訳例は,近日中に掲載予定ですので,お楽しみに。

Native的会話表現 onの用法(2) 訳例

A: Are you still on for a happy hour
 at the usual waterhole this evening?

いつも飲んでる場所で夕方割引を利用して今晩楽しむ件だけど,
大丈夫だよね?
It looks like you have quite a few things on your plate now.
ずいぶんと沢山の仕事を今のところ抱えているようだけど。
B: No problem.
 I'll get them done by quarter to five so that I can make it.

大丈夫だよ。5時15分前には終わらせるから,間に合うよ。

"Are you still on for...?" で
すでに決めていた約束/予定がまだonの状態,
つまり有効かどうかをたずねる表現です。

よく立ち寄る たまり場的な場所に関しては
one's favorite place の他にも
one's favorite haunt/ one's stomping ground
といった言い方もあります。
怪しい輩(やから)がたむろする場所であれば
a nest of hoodlums/ a den of iniquity
「悪の巣窟」と言えますし,
犯罪者のアジトであれば hideout を使います。
また,用もないのに公共の場所にたむろしたり
(たとえば,怖そうなオニイちゃんたちがコンビニの前でたむろしている等),
あるいは 通りをうろつくことをことを
loiteringと言って,
欧米の自治体の中には法律で
結構厳しく取り締まっている所もあります。
また,地方から大勢の人たちが仕事などを求めて都市にやってきて,
勝手に空き家や空きビルに寝泊りして,居座ってしまうことが問題となっており,
そうした行為を squatting
(コンビニの前のスペースに例のオニイちゃんたちが
 ウンコ座りするときに使う動詞squatと同じ)
と言い,そういう人たちをsquatterと呼んでいます。
やらなくてはならない仕事や問題をたくさん抱えている場合,
普通 have a lot on one's plate を使いますが,
fewの使い方を憶えてもらうために,
わざと quite a few 「結構な数の」を例文では採用しました。
ご存知の方も多いと思いますが,
few だけだと 「ほとんどない」とか「かなり少ない」の意味になる一方で,
"a few" のように不定冠詞のaが付くと
「数は多くはないけど幾つかの/数個の」という意味になり,
さらに quite a few となると
「結構な数の」という意味になりますので,注意が必要です。

英語でリラックマな気分

A cartoon character in a bear-suit called Rilakkuma
(although I prefer to spell it as Relakkuma)
is hugely popular here in Japan.
And a large proportion of such following
comes not necessarily from kids
but from grown-ups.
You can easily recognize the adult population
as its targeted readership
when you take a look at its picture book series.
In them, while this somewhat mysterious bear-like guy
is depicted in a usual cartoon style,
you can also enjoy reading corresponding captions
that represent what the pseudo-bear sees as wisdom.
Sometimes, they tap into proverbs
that reflect Japanese traditional values,
which encourage us adults
who have to go through hectic daily drudgery,
to take a moment off
and take stock of our attitude toward life.
One such example reads

「石橋をたたいても忘れる。」,
which can be blandly translated like
"There's always something you fail to remember
 no matter how careful you might be".
Although this translation could pass
as the gist of what's originally said in Japanese,
it's way too prosaic
to convey the undertone of the partly-cited Japanese proverb,
which has a reference to "examining a stone bridge".
So how could you translate this kind of material into English?
If I were commissioned to do some translating for the text,
I would use an English idiom
that refers to thoroughness of
what you're trying to do,
with a slight hint of stone.
It would be like the following:

"There's only so much you can remember
though you may try to leave no stone unturned.
"

In this example,
I used an idiom "leave no stone unturned,"
which means you would do everything humanly possible to achieve something.
In this way,
you could preserve
what the original Japanese text tries to convey
through the use of a maxim,
thus being able to keep the work fit for adult consumption.


この英文の日本語版は近日中に掲載します。お楽しみに。

Native的英会話表現 onの用法(1)訳例

A: Can you join us in lunch?
 お昼一緒に食べない?
B: Sure, thanks, as I don't go on for another 30 minutes or so.
 もちろん。誘ってくれてありがと。あと30分ぐらいは仕事が始まらないから。

日本語でも仕事に関して「onとoffの切り替え」
などと言うのに似てますね。
ちなみに,丸一日休むなら take a day off ですし,
ちょっと小休止するんだったら
have a break/ take five/ take a breather などと言えます。

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR