Entries

日本の負けを予告していたテーマ曲 Separate Ways

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


世界野球のテレビ放送で
TBSがテーマ曲のように使っていた
Journey が演奏する Separate Ways の歌詞,
まるで日本の敗戦を予告している
かのように聞こえます。

Here we stand worlds apart
君と僕には,世界ほどの隔(へだ) たりがある
Hearts broken in two
心は真っ二つに破れ
Sleepless nights
眠れぬ夜が続く
Losing ground...
足場を失って/ 足下から崩れて

...Feeling that it's gone...
喪失感を抱いて…
...we touched
and went our separate ways...

触れ合えたけど,
分かれて別の道を行く

Troubled times
苦難の時だ
Caught between confusions and pain...
混乱と苦痛に さいなまれ…
...Promises we made were in vain....
僕たちの約束は無駄に終った…
...You know I still love you...
知っているだろう,僕が君をいまだに愛していることを。

「あなたたち選手らは
 私たちが望んでいた勝利とは
 別の道に行ってしまった。
 心破れて,眠れねぇ。
 終っちまった。
 勝利の約束は果たせなかった。
 それでも,あなたたち選手らを
 今でも愛しています。」
と言っている日本の野球ファンたちの
心情のように聞こえてしまう。

こんな歌詞の曲を
中継の時に終始流してたら,
そりゃ負けても不思議はないかも。
曲選びの時,歌詞ぐらい確かめればいいのにねぇ。

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手] 等を
クリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂
スポンサーサイト

YesのChris Squireを追悼

大人の方々や子供たちに,各人の必要や能力に合わせて
英語を教えている仙台市の英語教室です。
ブログを通して英語情報をお伝えしています。


発表当時(1973年)
3枚組みのLPレコードであった
Yessongs に収録されている
Chris 作曲の The Fish
いまだに愛聴している曲の一つです。

海中を泳ぐ魚の様子が目に浮かぶようで
夜寝るときに部屋を暗くしてよく聴いていました。
フリージャズ的な奔放かつ難解なベースラインが
神秘的な雰囲気を醸(かも) し出しています。

スタジオ録音は,アルバム Fragile
収録されています。

fish は,長風呂が好きだった Chris の
あだ名であっただけでなく,
彼が魚座 Pisces であったことと関係があるようです。

ちなみに副題の schindleria praematurus は
実際に太平洋に生息する魚の学名で,
大人になっても幼魚の特徴を備えた珍しい魚だそうです。
英語 premature のラテン語形でしょうか。
www.songfacts.com/detail.php?id=4044

1975年には Fish Out Of Water
という題名のソロアルバムも発表しています。
fish out of water は英語の慣用表現で,
「慣れない環境に置かれて,ぎこちなく感じている人」
という意味で,
日本語の 「(おか) に上がった河童」 に似ています。
be in one's element
水を得た魚」 の反対ですね。

PS
大好きな bassist が亡くなったのと
ほぼ時を同じくして
大好きな駅長タマも亡くなり,
挙句の果てに
拾ったコーヒー色のネコちゃん
「コヒニャン」 まで急死してしまいました。

素晴らしい思い出を残してくれて
みんな本当に本当にありがとう。

もし,よろしければ
下の[英会話スクール] [拍手] 等を
クリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
無料体験レッスン受付中
Phone: 022-232-2027
e-mail: lingo.field.english@gmail.com
代表/講師 山田 茂

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR