Entries

大切な仲間が逝きました

Calico the Cat closed her eyes for good today.
No longer will we be able to see them
twinkling like beady green gems.

Yet in our cherished memory,
she lives on in a manner
that is as real as ever:
everything from how alert and nimble she was;
to how she kept her coat immaculate
by licking herself squeaky clean.
As a matter of fact,
she's still so real that
I can even hear her saying:

Thank you guys
for providing me with
a warm and safe place to live in,
hearty food to eat,
and more than anything else,
good company to enjoy.


[大意]
三毛猫のキャリコが本日 永遠の眠りにつきました。
あのキラキラ光る,緑の宝石のような
お目々をもう見ることはできません。
でも,大切な思い出の中に
今でも生き生きと存在し続けてます。
用心深くて,すばしこかった事や
いつもツルツルになめて,きれいにしてた事など。
今でも言っているのが聞こえてくるようです,
「みんなありがとう,
安心して住める暖かい場所と
たっぷりの食べ物を与えてくれて。
そして何よりも,一緒にいて楽しい人たちでいてくれて。」

何か感じるものがあった,と思われる方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ネコの夫婦

実家で飼ってるネコちゃんたちの話,
前回からの続きです。

Calico's coat is famous tortoiseshell,
which is almost synonymous
with a fabulous female feline
here in Japan.
That's in part why
she attracts a lot of
meowing and yowling
from tomcats.
But, as I said, she's no slut.
In fact, she has a husband,
so to speak, whose name is Hobo.
They even have children,
one of which lives next door
as a pampered pet pussy.


Hobo is devoted to his wife
so much so that
every time she gets unsolicited wooing
from the lonely heart,
there must be a bloody battle
where he would fight off
an advancing rival
literally tooth and nail
in a bid to
protect his sole rights to her.


What a shame!
Since he lost his paw in a traffic accident,
he's no longer capable of shielding her
by having his foe turn tail.
Let's keep our fingers crossed
that the couple never get crossed
by encroaching rogues.


[大意]
うちのCalico は三毛猫。
日本では,三毛猫イコール毛並みのいいメス猫
というのがほぼ定番のイメージ。
そんなこともあってか Calico は
オス猫に言い寄られることがしばしば。
でも,前にも言ったけど,
彼女は尻軽女なんかじゃありませんよ。
実際,夫だっています。
あの Hobo です。
子供たちだっています。
そのうちの一匹は隣で飼われてます。

Hobo は Calico に首ったけだから
Calico が他のオス猫に言い寄られるものなら
夫の権利を守るため
爪と牙で激しく応酬し
血を見ることもありました。

残念なことに Hobo は事故で片腕を失っちゃったので
Calico を守るために
オス猫を退散させることはできなくなってしまいました。
忍び寄る輩 (やから) によって
このネコの夫婦が嫌がらせを受けないよう
ただただ祈るばかりです。

興味深い と思われた方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

またまた我が家のネコちゃんの話です

Calico the cat was
a shady, disreputable pussy.
No, not for wanton behavior. Never.
It's just that
she was a kinda female Robin Hood
that roamed as a stray in our neighborhood,
foraying into one house after another
for sneaky bites and nibbles.
Every time she was caught red-handed,
she would be bawled out
and pulled out to the street
by a p.o.ed resident.
That's why she is a bit jumpy
even to this day
when eating from her own plate
in our home, which is now her own place.


[大意]
ネコの Calico は以前は
あやしい,良からぬ評判のメス猫でした。
と言っても,身持ちが悪かったなんて事は決してありません。
ただ,近所を徘徊して他人様の家に無断で入り込み
ご馳走をこっそりつまみ食いするコソ泥の野良猫でした。
家の人に現場をおさえられると
そのたびに怒鳴られ,外に追い出されていたようです。
今でも自分のお皿から食べる時でさえ
ちょっぴりおどおど,びくびくした様子でいます。
今や自分の家となった我が家においてでさえ,そんな様子です。

興味深い と思われた方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。

にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

事故で腕が無くなっても頑張ってます

Hobo had his right arm
run down by a vehicle
and had to go through an amputation.
I'm not talking about
a plight of a homeless man,
but rather it's about a feline paw
mangled in a traffic accident.


Hobo is a name of a tomcat
that had been a stray cat
before he started to
call my parents' place his home.
Judging by the way
he was really tame
for a homeless moggie from day one
when our folks began to allow him in,
apparently he must have been
a pet cat somewhere in the past.


The operation was successful
and he is recovering so well
that he is now desperately
trying to venture out,
oblivious of his disabled status.
Of course,
we are making conscientious efforts
not to let him out.
Otherwise this foolhardy adventurer
may well repeat his misadventure one day,
ending up as a mere coat of fur
flatten spread-eagled,
stuck on a near-by road.


We are pretty much determined to make sure
Hobo can have a good run for his money
for the rest of his life,
by providing him with a nice and cozy place
to eat, play and sleep,
even though he has to find himself frustrated
about being mostly confined in our home,
which has proved to be his own in every sense.


[大意]
  Hobo (英語で「浮浪者」の意味)
の右腕は車にひかれてしまい,
切断手術を受ける羽目になってしまいました。
と言っても homeless の男性に関する気の毒な話ではなく,
ネコちゃんの前足がひかれちゃった話です。
  Hobo はオス猫で,
今では両親の家を棲家(すみか) にしていますが
以前は野良ネコでした。
最初からとても人なつこいネコで,
きっと以前どこかで飼われていたのでしょう。
  切断手術はうまく行き,
今では,体が不自由になってしまったことも忘れて
何とかして外に出ようとするまでに回復しています。
もちろん私たちとしては
外に出さないよう気をつけています。
さもないと,冒険好きで無謀なこのネコちゃんは
またいつか近所の道路でひかれてぺちゃんこにされて
ただの毛皮になってしまいますから。
  これからは Hobo が残りの命を
しっかりと全うすることができるよう,
食べて,遊んで,寝て暮らせる場所を
提供していこうと決意しています。
もっとも,Hobo にしてみれば
家から出してもらえないことに不満でしょうけど。
でも,なんと言っても今では彼自身の家なのですから。

興味深い と思われた方には
下の[英会話スクール] [拍手]
をクリックして頂けると ありがたいです。
にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

Appendix

プロフィール

LINGOSTIR

Author:LINGOSTIR
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR